精神障害者の雇用義務化は結構なことですが、だからといってその法律に従う会社はどの程度あるのでしょうか。

精神障害者の雇用義務化は結構なことですが、だからといってその法律に従う会社はどの程度あるのでしょうか。罰則金を払った方がかえって良いと思う会社もあるかもしれません。精神障害者にも働いてもらえる環境を作るのが難しいというところもあるでしょうが。精神障害者だって働きたい人はいるんですから。もっときめ細やかな対応が出来る、ただ会社の規模あたり何人という法律では精神障害者の就業率はあまり上がらないと思います。

One Response to “精神障害者の雇用義務化は結構なことですが、だからといってその法律に従う会社はどの程度あるのでしょうか。”

  1. sotaron5314 より:

    精神保健福祉士として働いています。

    おっしゃるように、精神障害者の雇用義務化と、その実態はかけ離れています。

    せっかく就職できても職場の環境が悪くて続かない方をたくさん知ってますが、支援者としては残念な限りです。
    腹立たしいですね。

    一方で、環境を整えてからちゃんと雇いたいと思っていて、まだ準備が不充分だからやむを得ず罰則金を払っている、という真摯な会社も知っています。
    そういう会社が雇用環境を整えていけるような施策が必要なのだと思います。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ