管理職タイプ。長期的に評価されるのは?

長期的に見ると、どの管理職についていきたいですか?または、評価されやすいでしょうか?

①個人の実力を重視する独裁者タイプ。
・「黙って俺についてこい」というのが基本スタンス。
・地道な計画よりも直感的に即実行。
・過程よりも結果を重視。
・部下の失敗は部下の失敗として、厳しく指導。部下の成功を時々、上司の手柄として横取りする。
・優秀な部下だけを可愛がる。要領悪い部下は切り捨てる。
・チームの調和よりも、個人の能力を重視。実力主義。
・部下と群れるのを好まず、常に一人を好む。コミュニケーションも必要最低限。
・仕事への信念は強くはないが、直感力に優れ、上層部の求めていることを理解しているため、上層部との衝突は少ない。
・直感力に優れ、派手なプロジェクトに力を注ぎ、地味だが大事な仕事は手をつけない。
・信念は強くはないが、何かと立ち回りが器用で失敗が少ない。
・現状、味方がいなくチームから孤立はしているが、表舞台に積極的なため上層部からリーダーとしての高い評価。

②チーム力を重視する調和型タイプ。
・「みんなで協力して、高みを目指そう」というのが基本スタンス。
・期が熟すまでじっと待つ。地道な計画を重視。
・結果よりも過程を重視。
・部下の失敗には上司の失敗として自ら責任をとり、部下の成功はすべて部下の手柄として皆に褒める。
・部下の適材適所を意識。人を動かすのがうまい。
・個人の能力よりもチーム力を重視。部下の教育を重視。
・長期的な視点で見ており、地味だが大事な仕事から手をつけ、派手なプロジェクトは時間をかける。
・仕事に対しての信念は強く、信念を曲げない頑固な性格から、上層部と衝突することが時々ある。
・チームを意識し、常に部下とのコミュニケーションを絶やさない。
・信念は強く、チームとして新しい企画を打ち出すが、何かと立ち回りが不器用で時々失敗する。
・現状、部下との信頼関係は強固だが、影で部下を指示する裏方志向が強く、目立たないため上層部からはリーダーとしての評価は低い。

③臨機応変タイプ。
・「瞬間瞬間の流れを意識し、臨機応変」というのが基本スタンス。
・計画よりも現在の流れを重視。
・主体性はなく、その場その場の判断。
・瞬間瞬間の対応力がある。考えが柔軟。
・上層部からの命令に、従順。依頼された仕事だけはしっかりこなす。
・仕事への信念には乏しく、上層部の意向を汲んで、しっかりこなすため、上層部との衝突は少ない。
・部下とのコミュニケーションはしっかりとっている。
・現状、部下との関係は良好。柔軟で従順な性格のため、上層部からはリーダーとしての評価はやや高い。

私個人としては、仕事に情熱的で部下を信頼している②のタイプについていきたいですが、いかんせん、立ち回りが不器用でよく失敗します。

①のタイプは、直感力に優れているため、時々、大きなプロジェクトが成功するのですが、地道な仕事を好まないので、足場がグラグラです。 部下からの信頼にも乏しく、常に一匹狼。

③のタイプは、一番柔軟で上層部からの意向を汲むのは上手です。 特に大きな失敗もしませんが、新しい事業には腰が重たい。

うちには、タイプの違う3人の中間管理職がいるのですが、どのタイプが長期的に見ると、結果を出すでしょうか?

6 Responses to “管理職タイプ。長期的に評価されるのは?”

  1. rizausu より:

    ③のタイプだと思います。
    上司の人間が、自分と上のクッション材の役割になってくれるので
    しっかりと利益のある対応をとってくれるからだと思います。

  2. 葉月 より:

    難しい選択ですね。
    私なら②「調和型」か③「臨機応変」ですかね。
    調和型は、上からの評価は低いので、出世は難しいかもですが個人的には好きです。
    結局、私は好きな人の下で働きたいと思うんですよね。

  3. ココナッツ より:

    ③の臨機応変タイプについて行きたいですし、仕事もやりやすいと思います。②は、中間ですね。
    私の職場の上司は、①のタイプ。この上司に振り回されて、体を壊しました。そんな上司は、自分のことが分かっていない人が多いと思います。人に押し付けて、自己満足しています。
    ③は、仕事がやりやすいので部下も伸びるのではないでしょうか。そうすることによって、上司の評価も上がると思います。

  4. なつママ より:

    ③臨機応変タイプですね。
    部下をうまく育てて、チーム力をあげられるのはこういう人だと思いますよ
    ①独裁的タイプは、まず下がついてこないでしょ
    ②調和タイプ
    こういう上司いましたよ。人当たりも良くて、仕事もできる。でもなぜか上にはあがれない

  5. あずきん より:

    仕事やプロジェクトの内容や性質によって求められるリーダー像は異なると思われるので何とも言えないですね…。
    あえて言えば②のタイプはスピードにかけるので上から評価されづらい。
    ③はしっかり上の意向を汲めれば新しい仕事にも取り組めるでしょう。
    しかし、出世するのは①だと思います。
    自分に自信があるなら①に着いていくのがいいと思います。

  6. ごりごりら より:

    会社の業績向上という点では、②チーム力を重視する調和タイプの上司が一番成果を出せると考えます。
    ①のワンマンタイプは、容量がよければうまく行くかもしれません。ですが、そこまで能力差が目立たない現代では、部下が有能かを見極めるのは難しく、的外れなことをしまくって、反感を買います。
    ③ はカリスマ的に部下がついてくると思います。ですが、部下の力を最大限に引き出すことができず、この上司が抜ければ最悪会社は破綻します。
    ②は、チーム力を重視することで、部下の力を最大限発揮させることができ、部下を成長させることで、会社にとって必要な人材を増やすことが出来るので、会社運営で必要な上司は②です。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ