団体職員の仕事はどう思いますか?

私は公益社団法人に転職を考えている者です。
社会人3年目で、現職で度重なる部署移動、転勤が嫌になり、転職活動を始めたのをきっかけに内定を頂きました。

日本企業を支える仕事にやりがいを感じ、また、ちゃんとした職場環境で腰を据えて働けると思い転職を決めました。

しかし、正直な所以下の点で少し内定ブルーになっています。
①会社法を扱う業務になり、少しは勉強をしたが、自信がない。
②30歳で年収が500万程度で将来が心配。
③天下りで頑張っても役職が持てないのではないか心配。
④公益社団法人からの転職は難しいので、1度入ると職を変えられないのが心配。

正直、入ってもないのに心配になるのはどうかと思いますが、悩んでいます。

もう現職の退職手続きは進めているので、もう入るしかないのですが、毎日この事を考えてしまいます。

どなたか、公益社団法人に関する情報を教えて頂ければと思います。
宜しくお願いします。

8 Responses to “団体職員の仕事はどう思いますか?”

  1. けん より:

    あくまで私の意見ですが好きよりも得意を伸ばせる分野の仕事に就かれる方が良いと思います。

    例えば私はテニスが好きですがいくら私がテニス好きだからと言ってそこからテニスのプロになってというと無理があります。

    そうではなくて得意な事を活かして伸ばせる分野に
    移動するべきだと思います。

    私は大学で金融に関してはかなり勉強したので
    それなりに情勢を見抜く力があります。

    でもあまり好きではありません。
    嫌いでもないですが。

    でも自分の得意で戦った方が実績も残しやすく
    戦いやすいので良いと思います。

    その戦える場所を探し少しずつでも実力を
    伸ばしていくべきだと思います。

    公益団体が得意が生かせる場所であるならば
    入るという選択もありだと思いますよ。

  2. カオマンガイ より:

    業務は前例に基づいて仕事をするのが基本で、雛形もあるのでそれほど心配はないと思います。また、30歳で年収500万円貰っていない人の方が多いので、むしろいいのではないでしょうか。

  3. ひろし より:

    まず①ですが、専門家でも会社法は難しいものです。OJTで感覚をつかめば問題なく対応可能だと思います。
    ②十分ではないですか?むしろ、高額だと思います。
    ③天下ることを考えるのはナンセンスです。
    ④転職されている方も大勢いますよ。

  4. みーさん より:

    ①会社法を扱う業務になり、少しは勉強をしたが、自信がない。
    → 入ってからでも勉強はできますし、実務経験は何よりの実力です。
    ②30歳で年収が500万程度で将来が心配。
    → ひとりで生活するのには充分すぎる収入ではないでしょうか。結婚しても共働きが当然のような昨今では悩むほどの収入ではないと思います。
    ③天下りで頑張っても役職が持てないのではないか心配。
    → ご本人の頑張り次第なのではないでしょうか。
    ④公益社団法人からの転職は難しいので、1度入ると職を変えられないのが心配。
    → ご本人の気持ち次第ではないでしょうか。入る前から転職を考えていらっしゃることに少し不安を感じますが、決断して動いてみれば案外うまくいくことも多いように思いますよ。

  5. みどり より:

    安定性とか重視なら良いんじゃないですかね。刺激とかお金とかやりがいとか求めると、他の業種の方が良いかもだけど、人によってですよね。

  6. みゆ より:

    団体職員は給与面は安定していると思いますが、国家公務員の給与が下がるとカットされることもあります。
    転勤も断ると気まずくなるし、バリバリ働きたい人には向かないかもしれません。

  7. もげ太 より:

    多分入ったら転職なんて考えないと思いますよ。
    民間に比べると基本的にぬるい仕事が多いと聞いています。
    転職活動されたならご存じだと思いますが、30歳で500万なら今の世だと上の方ですよね?
    法律だろうがなんだろうがやっていれば覚えますし、仕事は適当にして財テクなど精を出せばいいんじゃないでしょうか。

  8. もぐもぐ太郎 より:

    ②30歳で年収500万は世間一般で見るともらっている方ですね。準公務員系は年功序列の色もまだ強いところが多く、給料も安定して昇給はしますが、それなりです。頑張ってすごく稼ぎたいというのであれば準公務員系は避けるべきだと思います、
    ③上記に記した通り年功序列の色が強いので無難に仕事をこなしていけば年数によって役職も付きます。ただし、業務に対する評価システムが確立していないところも多いので自分の頑張りが適正に評価されないことがあることは覚悟する必要があります。本当に上のほうの役職になると天下りしてきた者が座ることが多いです。
    ④今はあまり準公務員、公務員からの転職者を敬遠することはあまりないですね。
    普通に転職をしている方も多いです。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ