作業量も人員数も変わらないので結局サービス残業の時間が増えました。

働き方改革のおかげで残業時間の規制がかかったは良いですが、作業量も人員数も変わらないので結局サービス残業の時間が増えました。基本給が低いのでその分残業代で生活費を稼いでいたのに、残業代もつかなくなってしんどいです。

10 Responses to “作業量も人員数も変わらないので結局サービス残業の時間が増えました。”

  1. kuroyagisan5 より:

    容赦なく監督署へ駆け込みましょう。
    ブラックな経営者は基本的に社員を人として見ておらず、
    直訴しても無駄な場合が多いです。
    サービス残業の場合は、たいていタイムカードを通してから仕事を再開するパターンだと思いますが、作業日報などがあればそれが、事務職で自分のパソコンがあればパソコンにシャットダウンの記録があると思います。もしくは車通勤ならドライブレコーダーの記録など何かは仕事をした証拠が残っているものです。
    監督署の指摘でつぶれるような会社ならほっといても長くは続かない会社だと思います。

  2. jenda より:

    一般の労働者は適用外のはずですよ?働き方改革の悪用ではないですか?まず会社側と話し合って、それでも駄目なら労働基準局に訴えましょう。

  3. まめ より:

    私もサービス残業の日々ですよ。今の時代に手書きの勤務確認帳。出退勤の時間を書くのですが、いくら遅くまで勤務していても退勤時間は決まった時間で書かなければ事務員に呼ばれて書き直しさせられます。

  4. にゃんこ より:

    働き方改革の前からサービス残業の会社です。上から通常業務に加えて毎日何かしら業務を終業時間間近に押し付けてくる。しかし定時になると帰れと。上が残業を認めない部署で残業代は出ずサービス残業。ブラック過ぎて退職考えてます。

  5. No money No life より:

    サービス残業は本当に辛いですよね。
    自分は教育関係で仕事をしていますが、保護者との連絡などで毎日2時間以上は残業してしまいますが、全く給料に反映されません…

  6. やす より:

    私も同じです。まったくそのとおり。残業はやるだけ損!でもやらないと仕事が減らない。最悪の状況です。私は会社での仕事のほかに、夜間アルバイトをしています。正直、体力の限界を感じてます。

  7. Work-man0110 より:

    現在の働くひとの大きな悩みの一つです。昔からの慣習でいやおうなしに働かないとイヤミを言われ、昇給昇進できないのです。日本の大手企業は、どこでも同じ、返って中小の方がよかったりして?文字数でなく3行以上入力しないとエラーかな?

  8. こーた より:

    私もサービス残業ばかりです。
    接客業をしていますが人員は年々少なくなっていってるのに次々に新しい支店を出しているため余計に人手不足になっています。

    残業についての考え方が変わり、残業はしない方がいいという世の中になったことは良いことだと思いますが、残業代は付けるなと言われているようで以前よりサービス残業をしている人が増えているように感じます。

  9. a525flive より:

    確かに働き方改革でノ-残業の日を設けるなど残業がしにくい状況にあります。その代わり仕事の持ち帰りも増えてきたのも事実です。会社は表向きは残業を無くすという名目で残業代をカットできます。結局の所、仕事の中身、仕組みを変えていくことにより仕事量が減り残業が減ることが理想だと思います。

  10. Sarume より:

    まだ残業代が出ていれば、少しは気持ち的にもマシになりますが出ないと何の為にと思ってしまいますよね。

    うちへ残業代は固定額になっていて、仕事終わってなくても帰る人もその人の分カバーして残ってる人も同じ金額です。

    働いたら働いた分だけ、働いた人にお金を払って欲しいですよね。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ