会社で表向きは精神障害の人に理解があると言っておきながら…

会社で表向きは精神障害の人に理解があると言っておきながら内情は、いじめまがいのことをする。耐えることができなかった人はどこ行っても無理だと陰口を叩く。人を信用出来なくなりそうです。

23 Responses to “会社で表向きは精神障害の人に理解があると言っておきながら…”

  1. mikity4418 より:

    確かに、今現在は精神障害者に対して理解をしてくれる会社は少ないかも知れません。私も働いている際中に、精神障害になりましが今でも働いています。私の上司が理解があるからだと思います。もしなかったらすぐに解雇されていたと思います。仕事仲間まどの程度知っているのか分からないけれども心配してくれて、大丈夫?といつも声をかけてくれます。やはり上に立つ人により精神障害者の扱い、理解度が違うのだと思いました。頑張ってください。精神的に頑張って下さいは嫌かも知れませんが、普通の人でも同じことはあります。前向きに考えれるように、やっぱり上司に相談してみるのもいいのじゃないでしょうか。

  2. ぽてちまる より:

    表向きは良くても裏がそうでないことは、どの業種でも多いですが人権を無視していいという話にはなりません。
    過去、働いていた職場で精神障害を抱えた方がいらっしゃいましたが特に陰口もなく支え合っていましたよ。「腐ったみかん」のように誰か1人が言い始めるとつられて言ってしまう心根の弱い方が多いのが問題かもしれませんね…。
    ですが、貴方の味方もどこかにいると信じてください。少なくとも私は貴方の味方です。

  3. くー より:

    会社として、精神障害の方を積極的に受け入れてるという事ですよね?いじめまがいをしているのは、直属の上司や先輩方でしょうか?色々とストレスになる事もあると思いますが、支え合うのが社会ですよね?上層部に報告するか、しかるべき機関に相談するのもいいかもしれませんね。いじめをしている方には、もし、自分の家族や子供が障害を持っていたら、という事を念頭に対応してほしいものです。

  4. sakenosakana75 より:

    悲しいことに、このような状況がまかり通っているのが日本社会です。給料は安くても、働きやすい環境はあります。地道に諦めずに探しましょう。

  5. c.95 より:

    人とは弱い生き物であり、自分の理解できない疾患、精神疾患、自分と異なるもの対しては和から除外しようとするものなのです。
    現実問題として、精神疾患に対して医師や看護師といった医療従事者でさえ、専門医、専門看護師に比べれば知識不足な面があります。
    より疾患について理解が得られていないこの世の中ですが、全てがそうではありません。
    転職してもよいと思います。

  6. C より:

    人とは弱い生き物であり、自分の理解できない疾患、精神疾患、自分と異なるもの対しては和から除外しようとするものなのです。
    現実問題として、精神疾患に対して医師や看護師といった医療従事者でさえ、専門医、専門看護師に比べれば知識不足な面があります。
    より疾患について理解が得られていないこの世の中ですが、全てがそうではありません。
    転職してもよいと思います。

  7. もも丸 より:

    会社としては、働いている内の何%の方を障害者の受け入れを行っていると言いたいのでしょうね…。

    本当に最低なやり口だと思います。どこに行っても勤まらないのではなく、担当者の伝え方ややり方に問題があるとしか思えません。

  8. N.A より:

    会社といいましても人事の担当者が理解しているからといって、現場がそうだともいえません。
    現場の責任者が問題で、面接を担当してくれた方に確認や相談することも一手だと思います。

  9. K.M より:

    中にはそうゆう人もいるでしょう。そんなことをいちいち気にしていたら身が持たないですよ。まずは、上司、人事担当の方とお話をされたらいかがですか。

  10. カッカ より:

    とても辛い思いをされていますね。私にも経験があります。
    企業というところは、常に他社との競争にさらされていて、売り上げをあげることが最も重要なことですので、業務についていけない人に対する扱いが乱雑になることは、障害の有無に関わらずよくあることだと思います。
    精神疾患を持つ場合、人の言葉や態度を敏感に感じ取ってしまうため、余計に辛い思いをしてしまうと思います。
    職場でも、話を聞いてくれる優しい方がひとりでもいらっしゃれば、その方の話を聞いてもらいことも大切だと思います。
    その方から解決策を引き出せなくても、自分の思いや悩みを口に出すことで、随分と気持ちが楽になると思います。
    産業医がいらっしゃれば、その医師に相談することもできると思います。
    どうしても職場の人間関係が問題でお仕事が続かないようであれば、就労継続支援A型の作業所を探してみるのもひとつの方法ではないかと思います。

  11. かなまま より:

    こんにちは。内容拝見させていただきました。すごくひどいと思いましたし、胸が痛みました。きちんと理解のある職場で毎日安心して働きたいですよね。誰か、職場内に理解してくださる方がいらっしゃるとよいですね。

  12. みかん より:

    人間は本当に勝手ですよね。
    自分のことを棚に上げてしまう。
    あなた様が出会った人達は、ある意味弱く可哀想な人達だと思います。
    むしろその人達の方が病んでると思います。
    合わない職場はあります。
    病気になるくらいなら、時には逃げることも知恵ですし、新しい環境でスキル発揮できる場合もあると思います。
    一度しかない人生、そんな人達の態度とらわれずきっと今度は素晴らしい出会いがあると期待して一歩踏み出すと気分も晴れますよ!

  13. はぐれ雲 より:

    私の業界でも心療内科に通う方がいらっしゃいますが、ちょっとしたことがきっかけで再発することが多々あるそうです。特別扱いするのも難しい面はありますが、本人が克服しようと努力している様を見ると、できる限りバックアップしたいと思っています。周りに理解される方が出てくることを祈っております。

  14. morip より:

    本当に矛盾していますよね。厚生労働省では一定の障碍者雇用を促進していながら、実際勤めたところでは煙たがられる。
    私もそういうところを知っていますが、市や県の職場でもそういう事があるようです。
    まあ、障害者でなくともいじめは存在するのでそういう職場はダメな上司がいる会社だと思ってやめましょう。

  15. 柚姫 より:

    こちらが言い返せなかったりするのをいいことに、面倒な仕事を次々押し付けてくる。
    何かあれば、ここで辞めたらどこでも務まらないとか涼しい顔で言ってくる。
    受け入れるつもりがないなら、最初から落としてくれた方がマシですね…。

  16. おに より:

    精神障害が無くとも、はじめのうちはいじめまがいのことをされます。
    でも気になりますよね。
    病気と分かっていながらいじめるなんて、心根の腐った人達です。

    騙し騙しでいいので、3ヶ月、半年、一年と続けて働いているうちに、理解者も増えると思いますので、何とか騙し騙し働けませんか。

  17. ちゃちゃまる より:

    会社自体が精神障害に理解があると謳っていても、働いてる人一人一人がちゃんと理解してくれていないと辛いですよね。会社が出来てから、途中で「精神障害に理解がある会社」にすると決まったなら既存の社員さんに確り研修を受けてもらいたいです。

  18. Sarume より:

    なかなか理解してもらう事は難しいですよね。

    私は仕事のストレスから自律神経失調症になりました。それから朝礼で全員の前で逃げてると言われ続けました。

    理解してもらおうと自分の状況や診察の結果を報告してもこちらの顔も見ず無視かはいはいと面倒臭そうな返事です。

    今は自分を守るために理解してもらおうと思うをやめました。楽にはなりませんが、そういう人と自分を切り離している分少しだけマシになりました。

  19. sotaron5314 より:

    精神保健福祉士として働いています。

    とてもつらい想いをされていますね。

    その会社は少なくとも「精神障害に理解がある会社」ではないと思います。
    普通の人の感覚を押し付けているだけなのでしょう。
    もしかしたら、「こうやれば普通になれる」みたいな余計な指導をしようとしているのかもしれません。

    なかなか難しいかもしれませんが、あなたご自身のことを、あなたの目線で理解してくれる支援者を探して、その人と一緒に、この先、あなたに合った環境で働けるように、次を探してみるのも良いかもしれません。

    きっと見つかると思います。無理なく諦めずに進めていってください。

  20. dmwajtgp より:

    お辛いですね。
    偏見は多々あるのが現状かと思いますが、現実的にもしっかり受け入れている企業さんも沢山あります。
    在職中でも、ハローワークの専門窓口に相談なさっても良いのではないでしょうか。

  21. るろうに より:

    精神障害(うつ・パニック障害)を患っている方と一緒に働いたことがあります。
    その人自身は根が悪い方ではありませんでしたが、依存心が強い傾向にありました。
    その結果、依存した相手と上手くいかないと欠勤したりミスを連発したりと、仕事に多々支障をきたしていました。
    たしかに精神的な障害は辛いと思います。
    (私も実際に暴力・性的被害にあって、一時うつや摂食障害を患ったことがあるので、多少理解はできているつもりです)
    しかし、職場はあくまで仕事をするための場所です。
    ですから、仕事に支障をきたしたりチームワークに悪影響を与えることが多々あれば、ある程度文句が出るのは致し方ないことでしょう。
    そこをぐっと堪えるか、それとも他の場所に転職するかどうかはあなたに選ぶ権利があります。
    自分が納得できる道を選んで、少しずつ気持ちが落ち着いていくと良いですね。

  22. にゃこ より:

    私も鬱と適応障害を患っており、職場でも最初は理解がある素振りを見せてくる人ばかりでした。
    しかし、やはり長時間働けないと言う事や、接客が辛いという事には笑って済まされるなど、嫌な思いを沢山してきましたので、お気持ちよく分かります。

  23. りりあっち より:

    そのような方はどこにでもいますね。企業でも積極的に障害者を雇用しているところもあります。いじめは絶対ダメですね。私の企業でも障害者を雇用していますが、いじめは差別ですよね。あってはならないと思います。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ